未婚シングルマザー大田舞の明るくたくましく生きるblog

✴︎ ✴︎ ✴︎未 婚 シ ン グ ル マ ザ ー 大 田 舞 の ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ 明 る く た く ま し く 生 き る b l o g ✴︎ ✴︎ ✴︎

まだ続く通知書での話し合い 〜お互いの年収で養育費の確認〜

calendar

皆さん、こんにちは。
未婚シングルマザーの大田舞です。
もうすぐバレンタインデー。デパートでは大変盛り上がっていますが、私には全っ然関係ない季節行事になってしまいました。笑
いつか子どもが大きくなったら、あげる、もらうとかでまた忙しくなるでしょうか。

スポンサーリンク

3回目の通知書を送ります

さて、前回まで2回、子の父親と代理人を通したやりとりを載せて来ました。
が、これからも文書でのやり取りが続きます。
この直接文書のやり取りを終える時が、裁判所での争いに変わる時になります。

相手から返答書が届くと同時に、私の育児休業手当通知書も届きました。
それを元にした、私のこの年度の収入を相手に送り、養育費の金額を決めます。

育休手当の収入で出す私の年収を相手に知らせます

仮に、私が1月1日に出産し、出産前の給与が月25万円だとしたら、ということで計算した、私側からの文書を紹介します。

大田さんは現在育児休業給付金を受給中であり、育児休暇期間が終了した後も時短勤務等をせざるを得ないため、出産以前と同等の勤務は行えず、結果として給与も当分の間,出産以前よりも下がる可能性が極めて高い状況にあります。

そこで,養育費の算定基準となる年収額については平成◯年に受給予定金額である金2,005,000円とさせていただきます。

(計算式)
ア,平成◯年1~2月分 給与250,000円×2ヶ月 金500,000円

イ,平成◯年3~8月分 167,500×6カ月=1,005,000円(資料① 67%)

ウ,平成◯年9~12月分 125,000×4カ月=500,000円(資料① 50%)

合計額 (ア+イ+ウ)=2,005,000円

1月1日に出産すると、産後約2ヶ月は産後休暇となり、2月の終わりまでは私は職場から給与がもらえました。
その産休が終わると、3月から育児休業になります。
育児休業中にハローワークから育児休業給付金が入りますが、それが出産前の平均給与の67%(始めの6ヶ月)が入り、6ヶ月以降は子が2歳になるまで50%支払われます。

その計算で出した金額が私のこの年度の年収で、相手との養育費を決める基準になりました。

もう一つ、通知書に書き加えてもらったこと

私から出したこの通知書では、私が産後に手術をした経緯も載せていただき、もしかすると今後仕事が難しくなるかもしれないということも書き加えていただきました。

始めに弁護士さんが草案して下さった時には、この手術に関する疾患については直接養育費の話と関係がなかったので、書かれてはいませんでした。
ですが、私としてはまだ生後2ヶ月だった子どもを抱いて毎週病院に通ったり、手術を繰り返したりし、大変苦労したことだったので、どうしても相手に知らせたいという思いがありました。

もちろん、相手側からの同情のようなものがあるとは思っていませんでしたが、実際にその疾患に関する発言は相手からはありません。

そして、最後には相手の年収を知るために相手の源泉徴収票を提出するよう求め、この通知書は終わりました。

その3週間後、相手からの源泉徴収票が届きました。

相手の年収は?

前年の年末に渡されていたはずなのでどうしてこんなに時間がかかったのか?とは思いましたが、提出してくれて良かったと思いました。

勤め先の会社名や住所等は黒塗りされていましたが、金額は分かりました。

少し金額は実際と変えますが、ただ

年収1,000万円以上もらっていました。

私がかつて相手からも聞いていた年収の金額と同じだったので、それは合っていました。

この1,000万円と私の育休手当での年収200万円を、裁判所の養育費算定表に照らして見てみると、月額8-10万円でした。

ということで、私からは月額10万円の養育費で合意するよう話を進めることになりました。

この記事をシェアする

コメント

  • 舞さん、初めまして。
    私も未婚で出産しました。みわといいます。
    舞さんと状況は違いますが私も調停になりそうで調べていたらこのブログにたどり着きました。
    私の場合は別れた相手の男の方からなぜか婚約破棄の内容証明を送られてきて代理人を立て話し合いをしている状態です。
    もともと出産したら認知と養育費の請求をする予定だったのですが相手の男から嘘の婚約破棄の通知書が届いた時はさすがに笑いが出ました。その内容が自分に慰謝料払えと言うもので本当にふざけていますよね、慰謝料を払って欲しいのはこっちなのに。
    そしてこちら側が認知の請求をしたのですがご自分の子かどうかわからないからDNA鑑定をしたいと言ったのでそれを了承し弁護士から鑑定をすると言う返答を出したのに相手方からは返答が無く2ヶ月立ちました。もう一度連絡を入れて返答がなければこのまま認知調停に入って養育費請求の調停になりそうです。
    お互い子育てとこの問題で大変だと思いますが頑張りましょう。またブログをのぞかせてください。失礼しました。

    by みわ 2018年3月1日 11:12 PM

    • みわさんへ

      すっかりお返事が遅くなってしまいました。
      もし待って下さり、何回かブログを覗いて下さっていたら、本当に申し訳ありません。

      コメントをいただき、とても嬉しいです!
      ありがとうございます!

      みわさんも調停が始まるんですね。
      私も養育費請求の調停を10月に申し立て、12月に初回があり、それから合計で4回の調停を終えて、ようやく解決し、つい最近終了しました。

      初日こそ緊張しましたが、慣れてくるとわりかし落ち着いて出席することが出来ました。

      それにしてもひどい男性ですね。
      婚約破棄で慰謝料なんて、どの口が言っているのか…閉口してしまいますね。

      DNA鑑定は、こちらが相手の男性に依頼しても断られることもあるようなので、それを相手側から言ってきたのは良いパスだな、と思いましたが、返答がないのは何故なのでしょうか。

      養育費の調停を進めていく上では、相手の男性がお子さまを認知していて父親であるということが前提なので、途中で認知を進めるように話があると思います。

      現に私も認知がまだされていなかったので、途中で認知請求の調停も起こし、養育費の調停と並行して進めることになりました。
      (実際には、調停の前にすでにDNA鑑定で父子関係が明らかになっていたことから、相手がそのあとすぐに任意認知をしたことで認知調停はまもなく終わりました)

      調停は、裁判所の申立人待合室で待つ時間も長いし、月に1回くらいの開催なので期間も長いし、やはり前日とか当日は結構緊張したり、精神的にも負担になることもあると思います。

      でもやはり大事な子どもの養育費だと考えると、絶対負けないぞ!と自分を鼓舞しながら、強く、頑張り続けられると思います。

      私も養育費の調停が終わって、今月から支払いが始まるので、すごく今は清々しいですし、長かったし、やっぱりつらいな〜と思うこともあったけど、頑張って良かった!と思います。

      そんな達成感をいずれ、みわさんにも感じてほしいです。

      お互い頑張りましょうね!

      またお時間ありましたら遊びにいらしてください。
      ありがとうございます!

      by 大田 舞 2018年3月11日 2:48 PM

  • こんばんは。
    また遊びに来ました、みわです。
    あれから進展なしです。弁護士から何度も催促をいれてもらいやっと反応があったと思えば、何故認知を求めるのかと激怒しているそうです(笑)
    意味不明ですよね。認知を求めるのは当然のことなのに。
    自分から言い出したDNA鑑定の件もこっちが拒否するとでも思ったんでしょうね。自分の子供だと分かって認知をしたらお金を払わなければいけないのが嫌なんだと思います。ドケチ野郎なんで(笑)
    こうやって私たちが一生懸命に子育てしてる時に相手が好きに遊んで自由の生活をしていると考えたらはらわたが煮えくり返ります。本当むかつきます。
    調停に関して詳しくありがとうございます。
    別件で調停は経験しているのでだいたい分かります。こんなにズルズル引き伸ばしてくるなら最初から調停の手続きをしておけばよかったです。
    ここに次遊びに来るときは少しでも前進出来ていたらと思います!!
    愚痴失礼しました。

    by みわ 2018年3月20日 11:24 PM

    • みわさんへ

      すっかりブログを放置してしまい、みわさんのコメントまで気付かずこんなに時間が経ってしまいました。
      申し訳ありません。

      コメントありがとうございました。
      あれから進展はありましたか?

      私は裁判も調停も終わりましたが、やはり終わって感じたのは男側の身勝手な言い分、無責任な態度、こんな人と結婚しなくて良かった、の思いました。

      養育費とかはどうせお金でしか解決出来ないのだから、ちゃんとみわさんのお相手も責任を果たしてくれていますように。
      祈るばかりです。

      もしご訪問くださる機会があれば、また教えていただけると幸いです。

      by 大田 舞 2018年7月3日 9:47 PM

down コメントを残す