未婚シングルマザー大田舞の明るくたくましく生きるblog

✴︎ ✴︎ ✴︎未 婚 シ ン グ ル マ ザ ー 大 田 舞 の ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ 明 る く た く ま し く 生 き る b l o g ✴︎ ✴︎ ✴︎

2回目の通知書の往復 〜認知や慰謝料はどうなる?〜

calendar

皆さん、こんにちは。
未婚シングルマザーの大田舞です。

最近は少し日も長くなりはじめましたが、まだまだ寒さの厳しい日々ですね。
世間ではインフルエンザが猛威をふるっていて、今日はニュースで患者の累計が昨年から1111万人を超えたと聞きました。

30秒以上の手洗いなどが有効だそうです。お互いに気を付けなければいけないですね。

スポンサーリンク

2回目に送った通知書の内容は?

さて、前回はDNA鑑定を経て1回目の通知書を往復しました。
今回は、あまり実のない返答を受けての2回目の通知書を発送した内容と、それに対する相手の返答について書いていきたいと思います。

1.認知について
任意認知する、との意向だったので、直ちに認知してください。
子供の戸籍謄本は同封します。
手続きが終わったら、速やかに連絡してください。
※認知届は子供の父親しか出せませんが、その際、子供の戸籍謄本が必要になるので私が取得して弁護士さんに送付し、相手にこの通知書とともに送付されました。

2.養育費について
現在資料を作成しているため、作成でき次第また連絡する。
※育休手当の正確な金額を知るため、育児休業給付金通知書がハローワークから送られてくるのを待っていました。
その通知書は、この通知書を出してから約2週後に届いたので、それからまた改めて通知書を送付しました。

3.面会交流について
面会を希望しないとの意向は分かりました。
ただ大田さん(私です)としては、写真を見せて子供に説明したいという希望があります。
再度ご検討ください。
※何度もお願いするのは気持ちの良いものではありませんが、やはりせめて近影だけでももらって、いつか子供に見せてあげたいというのが正直なところでした。

4.出産費用について
産婦人科にかかった領収書を同封します。
費用の半額(約13万円)を下記の口座にお振込みください。
その際振込み手数料は御負担ください。

5.DNA鑑定費用について
すでに請求書をお送りしております。こちらも同じく下記の口座にお振込みください。
※請求書を送ったのは、この時から4ヶ月程前のことでした。まだ支払われていなかったことに驚きましたが、また支払うように言ってもらいました。

6.慰謝料について
法的手続きの準備をしております。
また、養育費についても合意が難しい場合は調停等の手続きを行なう予定であることを付言いたします。

以上の内容の通知書を送付したところ、その約3週間後に相手方から返答が届きました。
とても簡素なものでした。

相手から届いた短い返答

1.認知について
◯◯氏としては、任意認知について応じるつもりですが、養育費についてある程度解決の方向性が決まってから手続きさせていただきます。

2.写真について
写真の提出については対応いたしかねます。

3.出産費用とDNA鑑定費用について
月末までに支払う所存です。

4.慰謝料について
◯◯氏としては、大田氏との関係はあくまでも肉代関係のみの付き合いであったことから、慰謝料については対応できないことを重ねて申し上げます。

とのことでした。

相手の返答を受けて…

前々から任意認知するとのことだったのに、養育費の解決の方向性が見えてきたらというのは、一体いつになると思って言ってるんだろうか?

それこそ、相手の考える額より養育費が高い場合、いつまでも合意に至らず養育費が支払われるのも延びてしまいます。

結果、現在子どもを出産してから1年ほど経ちますが、未だに養育費は一切支払われていません。認知もまだです。

出産の半年ほど前から弁護士さんにはお願いしていたので、1年半ほど解決はなく、現在は裁判や調停での話し合いに移行しています。

ただ、出産費用とDNA鑑定費用については、月末には弁護士さんの口座に支払われていました。
支払われた出産費用は、全体の半分で13万円程度(全額が27万円くらいでした)になりますが、これはこのまま弁護士さんの口座に置いておかれ、最後に実費や報酬などを差し引かれることになりました。
つまり、結局このお金も私の手元には来ず、出費が重なるばかり…。

この後、私の育児休業給付金の通知書が届き、私のこの年度の収入を計算出来ることになったので、養育費について具体的な話し合いが始まりました。

この記事をシェアする

コメント

  • 舞さん、寒い日が続いていますがお元気でしょうか??

    産前から弁護士さんにご相談なさって未だに認知まで進んでいないもどかしさに舞さんの大変さを改めて感じました。
    弁護士さんに依頼してもなかなか進まないものなんですね(>__<)
    私は相手と連絡を取りたくない一心で養育費の表の分のみ請求にし、さっさと済ませてしまいましたが両親には少なかったのではないかと言われてしまいました。とにかく相手との縁を切りたいことしか考えていなかったんですよね(^^;)

    子供との生活が2か月になり、かけがえのない大切な存在、愛おしい存在を得たことに対しては相手に対し出会うことがなければこの子が産まれていなかったんだと思い、少しだけ肯定的に考えることができてきました。
    これも舞さんのおかげです。産後すぐに舞さんのブログを発見し読ませていただいて、舞さんからのコメントで私は本当に救われました。
    舞さんの希望通りに、そして早急に話しが進むことを願ってやみません。
    まだまだ寒い日が続くので、お身体に気をつけて無理なさらないでくださいね。
    ブログ更新楽しみにしています(^^)

    by リリー 2018年2月11日 11:15 AM

    • リリーさん

      いつもコメントありがとうございます。
      本当に寒いですよね。
      今は朝晩に外に出ることは滅多にないですが、時々子どもを連れて帰りが遅くなると、本当に凍えます。笑
      でもあたたかい春が来ても、私は花粉症歴も長いので、今から4月くらいになってほしいです。笑

      本当に解決までこんなに長くなってしまって、特に今は子どもの成長も早い時期なので余計に時間がかかっているように感じます。

      私は職場の上司の方、1人だけに未婚で出産すると本当のことを言いました。
      その時に、「あなた、早く相手と縁を切りたいと思ってお金をもらわないとかダメよ。お金だけはもらってたってなくならないし、これから教育費とかで今よりもっと必要になるんだから、もらえるものはもらった方が良いのよ」と言ってくれました。
      私は、この時にはすでに弁護士さんにも入ってもらっていたので、お金はちゃんと欲しいとは思っていましたが、こうして仕事先の上司にスパッと言ってもらって、本当にお金はちゃんともらおう!!!と気持ちが改まったのを覚えています。
      たぶん、この時の私の目にはお金のマークが浮かび上がっていたと思います。
      だから、リリーさんのご両親も、この時の上司のようにお金に関してそう思うのかもしれませんね。
      そう言ってくれるのはありがたいですね。
      でも実際これから、本人に言うのでもいいし、家庭裁判所に依頼するのでも、養育費の増額は出来ると思います。
      養育費の増額を要求する調停を起こすことになると思いますが、今私は裁判所に通うようになって、弁護士がいなくて1人とか家族を連れてとかで調停に来てる若い女性も何人か見ました。
      始めに理由を書く書類だけ作成する必要があるかもしれませんが、お金をかけずに増額できるかもしれませんよ。

      私も、可愛い子どもの鼻とか口とか見るときに、相手に本当にそっくりなパーツだったりするんですけど、相手があの人でなくちゃこの可愛い子もいなかったんだろうな、とか思います。
      本当に子どもは可愛いですもんね。
      人は、その人にしか果たせない使命を持ってこの世に生まれて来ると前から聞いたことがあったのですが、この子は、今私のところに生まれて来たかったんだなぁと不思議に感慨深く思います。

      養育費はあと2-3ヶ月くらい?で終わりそうな予感がしています。
      早く解決してお金を毎月もらえるのを楽しみに頑張ります。笑

      本当にいつも読んでくださってありがとうございます。
      リリーさんも、リリーさんのベビーちゃんも、どうか風邪等気をつけてお過ごしくださいね。

      by 大田 舞 2018年2月13日 3:01 PM

down コメントを残す